■NICOLETTE

ALBUM
NICOLETTE / LIFE LOVES US LIFE LOVES US
(DDCA-5022)
2005

info


購入ページ
NICOLETTE / LET NO-ONE LIVE RENT FREE IN YOUR HEAD LET NO-ONE LIVE RENT FREE IN YOUR HEAD
(TALKIN LOUD)
1996

購入ページ
NICOLETTE / NOW IS EARLY NOW IS EARLY
(SHUT UP AND DANCE)
1992

購入ページ

SINGLE from Angel's Egg
NICOLETTE / GROOVY GROOVY
(MFSBAE081S)
2006

info


購入ページ
NICOLETTE SUNSHINE REMIX
(MFSBAE070DJ)
2005

info


購入ページ
NICOLETTE LAGGING BEHIND / SAILING
(MFSBAE071DJ)
2005

info


購入ページ
NICOLETTE SUNSHINE
(MFSBAE072DJ)
2005

info


購入ページ


NICOLETTE 
アルバム『LIFE LOVES US』ライナーより

ニコレットは、西アフリカのナイジェリア人であり英文学や心理学に携わっていた両親の間にスコットランドで生まれた。イボ語(ナイジェリアの大部族イボ族の言葉)と伝統的なナイジェリアの信仰、それに文学や音楽を幼少の頃から教わり、将来は小説家や詩人になることを夢見てパリの大学に進学。幼少の頃から、両親が所有するアフリカン・ジャズ、ブルース、クラシック、カントリー、カリプソ、ソウルなどのレコードを聴いて育ったという。その後移り住んだイギリスでは、幼少の頃からの音楽への衝動を捨てきれずに、レストランやキャバレーでジャズを演奏するバンドを結成。スタンダードはほどほどに、一種の前衛的スピリチュアル・ジャズに歌を乗せていた。そして1990年に初期ブレイクビーツ〜ジャングルの先進的なレーベルとして現在も評価が高い〈シャット・アップ・アンド・ダンス〉からデビュー。...[全文を読む]


雑誌などからのリアクション  詳細
自らが作ったドリーミーでスモーキーなトラック上で、青色に塗られたジャジーなヴォーカルが気持ちよく浮遊する甘く危険な一枚。『spring』
サイモン&ガーファンクルのカバーに始まるニコレットは、変化に富んだリズムトラックに乗せて、遊び心たっぷりのボーカルを聞かせる。アバンギャルドかつポップ。『朝日新聞』今月の10枚
まるでアリス・コルトレーン『WORLD GALAXY』張りの新作をリリース。怪しげな音響にあってもビョークのように重くならないのは、その美声あってのこと。自前のトラックもクラブマナーにとらわれず創作性が高い。実験的で柔らかな音世界だ。『MARQUEE』
UK産としては久々の大作では。『MUSIC MAGAZINE』
ポイントはズレと浮遊感か。細部のビートのズレ、ハーモニーのズレ、ヴォーカルのピッチのズレなどがそのまま全体のサウンドのダイナミズムへと昇華され、スペイシーに旋回する歌声は、ミニー・リパートンとジリ・スマイスとリンダ・ルイスをミックスしたような不気味なまでのチアフル&カラフルさを撒き散らす。ほとんど悪夢を見ている気分。しかし強烈に甘美だ。『Invitation』
微妙な不調和を企てたようなメロディーやハーモニー、美しさと不穏さの間の揺らぎ感、そして随所に見られるアフリカ文化への敬意……。まさにワン&オンリーな問題作。『bounce』
現代のジャズ・ディーヴァが見失っている何かを(それはタイトルにも込められているように思う)彼女は普通に持っている。“BRITISH ANTHEMS PART 1 BRITPOP TO BRITPACK”ガイドブック
『SOUND & RECORDING MAGAZINE』『BARFOUT!』



NICOLETTEカテゴリ 最新情報はコチラ

NICOLETTE関連作品ストック一覧 DISC SHOP ZERO


★取扱店募集中  ■業種不問■お気軽にお問い合わせください
AE: EGGAE: LIONAE: TSOR

お問い合わせはお気軽にangelsegg@jp.orgまで

(C)2006 ANGEL'S EGG